着色の原因と歯のホワイトニング治療

着色の原因と歯のホワイトニング治療

歯が着色している原因はいくつかありまして、
@お茶やコーヒー、タバコなどのステインによるもの、
A歯垢や歯石により黄白色になること、
B加齢に伴い歯の色が黄褐色に変化すること、
C虫歯により黒っぽくなること、
D歯の神経が死んでしまっているために茶色やグレーになること、
E遺伝性のエナメル質形成不全によるもの、
Fテトラサイクリンという抗生剤薬物によるもの、
Gエナメル質形成期の大量のフッ素摂取による白い斑点、
Hグルコン酸クロルヘキシジン系抗菌洗口剤を長く使用したための変化、

 

など様々です。

 

この中で、ご自分で歯のホワイトニングができる対象となるものは、
@番のステインによる着色除去と、A番の歯垢や歯石の予防ですが、
後のものは自分でどうにかできるものではなく、
歯科医に診察してもらい何らかの治療を施して頂かなければなりません。

 

歯科医院でのホワイトニング方法は、
@歯のマニュキュアを塗る、A歯石を除去する、B歯のクリーニング、
Cアミノ酸のエアーフロー(アミノ酸の細かい粒子を歯と歯茎に吹きつけて、汚れや着色を落とします)、
D歯のクリーニング後のリナメルトリートメント
(歯の表面の傷を修復する効果で、表面をつるつるにして着色を予防します)、
Eオフィスホワイトニング(歯に直接薬剤を塗布し、光を当てて歯を白くしていきます)、
Fダイレクトボンディング(歯の表面に白いプラスチックを盛ります)、
Gラミネートベニア(歯の表面を一層削ってセラミックを貼ります)
Hセラミック(陶材といわれている材料を、前歯や奥歯の被せもの、詰めものにします)があります。

 

また、歯の神経が死んでいる場合に
歯の内側から薬液でホワイトニングする方法(ウォーキングブリーチ法)、
虫歯であれば削って白いプラスチックを詰めたりなど、
歯を白くするには、費用や時間と、
どのくらいまでの審美さを求めるかにより方法が異なりますので、
よく歯科医と相談するといいでしょう。

 

笑顔できらめく白い歯を手に入れたいならこちら