歯の神経を残す虫歯治療

歯の神経を残す虫歯治療

虫歯は進行具合によって、治療法が異なります。
初期治療であれば、簡単に治療できても、虫歯が悪化してしまうと、治療も複雑になり時間がかかってしまいます。
歯がしみる、痛みを感じるという場合、虫歯の進行はかなり進んでしまっています。
歯の神経に虫歯菌が入り込んだ事で、歯が虫歯菌に抵抗できず、痛みが発生するというわけです。

 

従来であれば、神経に虫歯菌が入り込んでしまうと、神経を抜く治療が主流でした。
しかし、最新の治療では、神経は抜かずに、神経を再生させる治療が主流になってきています。
MTAセメントという材料を使えば、神経を残したまま、虫歯の治療を行う事が可能です。

 

なぜ歯の神経を再生させようとするのかというと、神経を抜く事で様々なデメリットがあるからです。
まず、歯の神経が抜かれると歯に栄養が行き届かなくなり、歯そのものが脆くなってしまいます。
そのため虫歯治療時には、歯までは抜かずにすんでも、歯がもろくなり、結果として歯を失う可能性が高くなります。

 

また神経が抜かれると歯は死んだ状態で、新陳代謝をしなくなります。
そのため歯の色が変色し黒くなってしまいます。
ちなみに、神経がない歯に対してはホワイトニングをしても効果が出にくくなります。

 

そして神経を抜くと空間が出来ます。その空間が感染を起こしやすく、炎症や腫れなど痛みを伴いケースがあります。
歯の神経は虫歯になると痛みを発生し、虫歯の存在を教えてくれます。
しかし、神経を抜いてしまうと、虫歯があっても気づけません。
そのため、どんどん症状が悪化し、気付いた時には手遅れて、歯を失う可能性が高くなります。

 

このように、神経を抜く事はデメリットが多いために、神経を抜かずに再生させる治療が行われているのです。

 

虫歯の悩みはれおファミリー歯科へ!