銀歯を白い歯にしたい

銀歯を白い歯にしたい

昔治療した歯が銀歯で目立つのが嫌だ、
今みたいにセラミックの歯の治療が当時からあればよかったのに。
そんなふうに思っている人はいませんか?
実は審美歯科では、銀歯を白い歯に変える人が増えています。
こちらの新百合ヶ丘で評価をあつめる歯医者さんでも問い合わせや相談が増えているそうです。

 

それに見た目だけの問題ではなく、セラミックにする事は、機能面でもメリットがあります。
セラミックにする方が、咬み合わせが良くなります。
そして汚れがつきにくいため、虫歯の再発のリスクを抑える事ができます。
また銀歯を長期間使用していると、銀歯から金属イオンが溶けだして、歯茎が黒ずんでしまいます。

 

セラミックは、価格が高いというイメージがあるかもしれません。
しかし最近では、セラミックと一言でいっても、いろいろな種類のセラミックがあり、コストも下がってきています。

 

オールセラミック、ハイブリッドセラミック、ジルコニアセラミック、メタルボンドなど、それぞれ特徴が異なります。
オールセラミックは、素材が全てセラミックのため、価格は高額です。
しかし、天然歯と見分けがつかないぐらい、完成度の高く、耐久性にも優れています。

 

ハイブリッドセラミックは、セラミックと歯科用プラスチックの混合物です。
見た目の完成度では、オールセラミックには負けますが、硬さや咬み合わせなどの、性能面では同レベルの水準です。
他にもそれぞれ特徴があるので、予算に合わせて、自分に合うセラミックを選ぶといいでしょう。

 

昔は虫歯の治療には銀歯しか存在しませんでした。
しかし現在は歯科医療は劇的に進化し、性能のいいものが増えています。
昔治療した後を、キレイに治したい、そんな事も可能な時代です。