セラビームアフィニーについて

セラビームアフィニーについて

インプラントという言葉は、だいぶ世間に浸透してきました。
失ってしまった歯の代わりに、人工歯であるインプラントを使用する事で、
歯の機能を保つ事が出来る画期的な治療法です。
しかし、インプラントという言葉を知っている人でも、
セラビームアフィニーという言葉は知らない人が多いでしょう。
セラビームアフィニーとは最新の光機能技術の事で、
この技術を用いる事で、インプラントの性能をより高める事が可能になります。
朝霞で人気の歯医者でもインプラントは問い合わせが多い様です。

 

ではセラビームアフィニーについて、もう少し詳細を紹介したいと思います。
これまでのインプラントとは、工場から出荷し時間た経つとチタンの劣化が発生し、性能が低下してしまう事がありました。
しかし見た目ではそのインプラントが劣化しているのか、判断できません。
そのため、どれぐらい劣化しているのか分からない状態でそのままインプラント治療に用いられていました。
そうなると、自分が治療をする際に、インプラントの性能が低下しているのか、していないのか、運次第となってしまいます。
高額な治療費を支払い、長い時間をかけて治療をして、性能が悪いインプラントではガッカリな結果ですよね。

 

ですが、セラビームアフィニーによって、光を当てる事で性能がいい状態に戻るため、性能格差がなくなりました。
セラビームアフィニーをインプラント治療に使用するメリットは多く、成功率のアップ、治療期間の短縮などが挙げられます。
治療期間が短縮される理由は、光処理を行う事で、
血液に対する親和性の向上や、インプラント周囲に形成される骨形成のスピードが速くなるためです。

 

出来れば、インプラント治療を導入している全ての歯科医院で
セラビームアフィニーの光処理を行ってもらいたいものですが、
最新の治療法のため、まだ数えるほどの病院でしか導入されていません。
ですから、インプラント治療の際の歯科医院選びでは、
セラビームアフィニーを使用しているかどうかも、これからは判断基準に加えて下さい。