ドッグベストセメント治療とは

ドッグベストセメント治療とは

歯科医院を訪れることに恐怖を抱いているという人の中には、治療の際に歯が削れる音が怖いという方もいると思います。
近年では、歯をなるべく削らない治療に力を入れる歯科医院が増えてきました。

 

歯を削るということは歯の厚みが減り、耐久力が落ちてしまいます。
それに比例して噛む力も弱まってしまいますから、削り過ぎると食事をした際などに違和感を覚えることがあるのです。
歯を削ったせいで噛む感覚が替わり、歯列が歪んでしまう可能性も出てきます。

 

とはいえ、虫歯の範囲があまりにも広い場合は歯を削らずに済ませることが難しいのも現実です。
歯を削るデメリットを最小限に抑えて虫歯を治そうという治療の一種としてドッグベストセメント治療が注目を集めています。
どのような治療かというと、まずは虫歯の患部が完全に露出するように、歯の表面を少しだけ削っていきます。
患部が露出したら、歯の表面に着いた汚れを除去します。
このとき、パーフェクトペリオなどの洗浄液が用いられるケースがよく見られます。
清潔になった歯に銅イオンが含まれた液体を塗布します。
ドッグベストセメントはこの薬液の力によって虫歯菌を減退させるという治療なのです。

 

麻酔を使わずに手術が出来ますし、一般的な虫歯治療よりも歯を削る面積が格段に小さくなっているのが魅力といえます。
これまでであれば歯の神経を抜かなくてはいかないような虫歯でも、ドッグベストセメント治療なら薬液の塗布によって完治する可能性もあるのです。
ただし、虫歯によって歯の形状が変わっている、虫歯のあまりに痛みが強くて耐えられないなどのケースでは神経を抜いたり歯を大幅に削ったりせざるを得ない場面も見られます。

 

早期に歯科医院にかかった方が、ドッグベストセメント治療は有効になる可能性が高いのです。