最新の接着治療とは

最新の接着治療とは

駒沢大学に近いこちらの歯科でもそうですが、

 

虫歯になってしまったら虫歯の部分を削って、
そこに銀色のかぶせ者を詰めるのが一般的でした。
虫歯の数が多いと口を開けてみると
銀の詰め物だらけになってしまって、
口を開けるのがちょっとためらわれてしまいます。

 

この詰め物をするときですが、
虫歯の部分だけでなく歯を少し広めに削らなくてはいけなかったのです。
本来自分の歯は残しておくことが望ましいと言われていましたが、
その後の歯科治療で用いられる詰め物のためには
多めに削るしか選択肢がなかったのです。

 

金属以外ではなくもともとの白い歯と同じ用に見える詰め物も
選ぶことができるのですが、健康保険の適用外となるため、
費用負担の事を考えると金属の詰め物を選ぶ方が大半を占めています。

 

しかしながら金属の詰め物は経年とともに劣化すること、
金属アレルギーの方はそれを用いることで体に不調が出てきてしまうこと、
歯と詰め物の間に隙間が生じやすいことから、
一定期間が過ぎたら交換することが望ましいと言われていました。

 

湿気や咀嚼をする口の中では接着剤を使ってもどうしてもその劣化が早く、
付け方が悪いとすぐにとれてしまうことが避けられなかったのです。

 

そういった詰め物の問題点を改良した治療法が
接着治療と呼ばれる虫歯の治療法です。
この治療法が導入されたことで、できるだけ歯を残しておくことが可能になりました。

 

それまでは虫歯以外の範囲まで大きく削られていた歯を
最小限削るだけで済むようになったのです。
おまけに接着剤の威力がアップして
詰め物と金属の間の隙間が少なくなり、
詰め物の持ちもよくなりました。