歯科における再生治療

歯科における再生治療

SFの世界を想像させるような治療が現実のものになりつつあります。
失ってしまった歯茎や骨を再生することが可能であるといったら、皆さんは信じるでしょうか?
今回は、知っておくと将来役に立つであろう歯科における再生治療について詳しく見ていきましょう。

 

歯科における再生治療としては、人工の義歯を用いる入れ歯やブリッジなどもその一種といえます。
そうした人工物を用いない再生治療には、歯槽骨などの骨もしくは歯茎を再生するものがあります。
再生治療が利用される前は、歯槽骨が甚大な被害を受けた場合、インプラント治療を諦めるなど患者の側が我慢しなくてはいけないシチュエーションが増えるばかりでした。

 

しかし、歯槽骨の再生治療を行えば顎の骨に厚みが戻り、インプラントで失った歯を補うという選択肢を捨てる必要がなくなるのです。
具体的にどのような方法で行うのかというと、タンパク質で作られた膜やゲルを患部に塗布することで、歯槽骨を含めた歯周組織の再生を促すというものです。
これはインプラント治療の事前措置としてだけではなく、歯周病などで歯周組織を失ってしまった場合にも用いられます。
治療の手順は以下のような形で行われるのが一般的です。
まずは薄くなってしまった歯槽骨にあたる部分を切開し、歯周病菌などの細菌を取り除きます。
その後タンパク質を原料としたゲルや膜を塗布し、切開部分を縫合するというものです。
歯周組織ではなく歯の再生治療でも人工物を使わない方法が注目されています。
丁寧な対応が評判の板橋区役所前 ゆい矯正歯科

 

それは、口内から抜き取った親知らずや乳歯を使うという方法です。
こうした歯を冷凍保存するための機関があり、自分の歯を失ったときにそれを代用品として治療に用いることが出来ます。
再生治療に関する知識を深めていくことが、お口の健康を維持することに繋がっていくのです。

関連ページ

銀歯を白い歯にしたい
銀歯を白い歯にしたい
セラビームアフィニーについて
セラビームアフィニーについて
着色の原因と歯のホワイトニング治療
着色の原因と歯のホワイトニング治療
プラズマレーザー治療とは
プラズマレーザー治療とは
インビザラインで歯列矯正
インビザラインで歯列矯正
ドッグベストセメント治療とは
ドッグベストセメント治療とは