虫歯の無痛治療について

虫歯の無痛治療について

子供の頃に虫歯の治療を受けて、痛みで泣いてしまった。
それがトラウマになり、大人になった今でも、歯科医院は大嫌いという人も少なくないでしょう。
しかし、昔と比べると医療機器が進化した事で、
現在の虫歯治療はかなり、痛みが少ない治療になってきています。
さらに、痛みがない治療に拘った無痛治療を行っているところも増えています。
八王子の矯正歯科に力を入れているクリニックでも、痛みが無い虫歯治療を提供しているんですよ。

 

では無痛治療とは、どのような治療なのか紹介します。
まず、最初にする事は、患者をリラックスさせる事です。
なぜかというと、緊張する事で、痛みに対して敏感になってしまうからです。
そのためコミュニケーションや笑顔によって、患者をリラックスさせてから、治療にはいるのがポイントです。

 

もし、コミュニケーションをとっても、虫歯の治療の恐怖心からなかなか緊張がとれないという人もいます。
その場合は、笑気ガスを使用するケースもあります。
この笑気ガスとは、口の中に笑ガスを吸引する事で、口の中がふんわりとなり、恐怖が和らぐ秘密兵器です。

 

そして麻酔は表面麻酔を行います。
一般的な麻酔は注射で行いますが、この場合麻酔の注射をする瞬間が痛いと感じてしまいます。
ですが表面麻酔の場合は、注射をする場所に表面麻酔薬を塗るので、注射の痛みが感じません。
そして麻酔液と体内の温度差も、痛みの発生の原因となってしまいます。
そのため、麻酔液を人肌に温めた状態で、体内にゆっくりと注入する事で、痛みが軽減します。

 

治療に行う針の太さが太いと痛みを感じやすくなります。
なので、無痛治療では極細針を使用します。
このように、歯科医が痛くない治療をしようと、細かい点にも心配りをする事で、無痛治療は実現可能となっているのです。