レーザー治療のメリット、デメリット

レーザー治療のメリット、デメリット

レーザー治療といえば皮膚の治療や美容目的の
脱毛やほくろ除去に使われる療法ですが、
虫歯の治療で用いている歯科医院もあります。

 

レーザーとは黒い部分にだけ反応する特徴がありますので、
虫歯の部分にだけ反応して治療することが可能です。
またそれ以外の歯科治療にも広く全般に使われるのです。

 

それまで主流だった歯を削る治療法に代わって出てきた
レーザー治療は痛くない歯科治療方法として、注目を浴びています。

 

虫の進行がかなり進み歯根の治療が必要となる治療では、
該当する部分を切開しながら治療をすすめなくてはいけません。
切開すると当然出血しますので
その影響で患部が見え辛くなり治療が困難になることがあります。

 

レーザーで患部を切開することができるのですが、
出血量を抑えられるので
患部の確認が容易となり治療が行いやすくなります。

 

炎症を起こしている部位に対してもレーザー治療は非常に有効です。
炎症が酷い部分に照射してその症状を緩和させられるので、
治療に伴う腫れと傷みの緩和に働きます。

 

虫歯治療に用いられる場合も虫歯の部分にだけ作用するので、
痛みもほとんどありませんし、
従来の器具のように削るときの音もありませんので、
音から受ける恐怖感を軽減できます。

 

レーザー治療は痛みを伴わない、
軽減すると言う意味では非常に画期的な治療法なのですが、
虫歯の治療に時間がかかりすぎるのが難点であり、
場合によっては健康保険の適用がされません。

 

レーザー治療を受けたい場合は、
担当の歯科医師に費用や効果について
よく確認をしてから受けることをおすすめします。

 

豊洲で評判の歯医者はこちらのパークシティデンタルクリニックです。

関連ページ

最新の接着治療とは
最新の接着治療とは
歯周病と最新治療法
歯周病と最新治療法
歯の矯正が目立ちにくいマウスピース矯正
歯の矯正が目立ちにくいマウスピース矯正