最新の歯科治療

歯の健康診断を受けよう

内科を受診するよりも歯科を受診するほうが嫌だと言う方、
多いのではないでしょうか。
その理由は歯科治療が痛い、
そして歯科治療の時の器具のキーンという音が嫌いだからではありませんか。

 

歯科治療の光景を想像するだけで歯科医院に行きたくないと思ってしまいます。
私たちは毎年健康診断を受けていると思いますが、
歯の健康診断も定期的に受けなくてはいけません。

 

虫歯は痛みを感じる程度にまでなると、かなり進行した状態です。
そのため治療も傷みを伴いますし、治るまでにも時間がかかってしまいます。

 

歯の治療も、重症化する前に早めに歯医者さんに診てもらって
適切な処置を受けるのが望ましいのです。
虫歯もまだ小さい段階で発見することができれば、
削らずに治療できる場合もあります。

 

また万が一削ることになった場合でも
削る部分も最小限で済みますので、治療もすぐに終わるのです。

 

毎日歯磨きを最低でも2回は行っていると思いますが、
それでも歯石はたまります。歯石とは歯垢が固くなってしまったものです。

 

歯磨きで磨きの凝った歯垢が唾液に含まれている成分の働きによって、
固くなってしまいます。これが固まってしまうと通常の歯磨きでは取れません。

 

歯医者さんいって専用の器具で削って取ってもらうしかないのです。
この歯石をそのまま放置しておくとその下にある虫歯の発見が遅れてしまうこと、
歯石の中に含まれている菌が繁殖してしまって歯周病の原因になってしまうのです。

 

歯科医院を定期的に受診することで重症化を防げますし、
お口の健康を維持できます。

 

大島のさくら歯科は評判もよく信頼できる歯医者なのでオススメですよ。

 

削らないで虫歯を殺菌する

虫歯が見つかったときはその部分をドリルで削るしかないと思っていませんか?
歯を削るときはあの音も嫌ですし、
神経にさわったときのツンとする傷みが嫌だという方も多くいらっしゃいます。

 

少しでも患者さんの痛みを緩和するために、
歯を削る前に麻酔を打ってくれる歯科医院も多くあります。
麻酔のお蔭で傷みは緩和されますので、
虫歯治療がそれほど苦痛ではなくなってきています。

 

しかし歯は一度削ってしまうともう元に戻ることはありません。
それを思うとできる限り歯は削らないで治療するのが望ましいのです。

 

それでもそのまま虫歯を放っておいてもどんどん虫歯が進行してしまって、
健康な歯の部分まで虫歯菌が広がっていきます。そこで歯科治療では、
虫歯の部分を丁寧に削り取って歯の削った部分に
詰め物をするしか治療の選択肢がなかったのです。

 

歯を削らずに虫歯を治療できたらいいですよね。
最近では削らない治療法を用いている歯科医院も増えてきています。

 

それは虫歯を削らすにその部分に詰め物をして
殺菌して虫歯を治療すると言う方法です。
これは虫歯の程度によってもその方法で
治療できるかどうかが変わるのですが、
小さい虫歯の場合はほとんど削らずに虫歯の治療ができます。

 

少し大きい虫歯でも虫歯の部分をすべて削るのではなく、
表面の一部を削って詰め物をして殺菌して治療できます。

 

大きい虫歯でも従来よりも削る面積が少なく、
しかも神経部分からは離れた部分を削りますので、
痛みが少なくしかも自分の歯を大きく残して虫歯治療ができるのです。

 

 

更新履歴